本文へスキップ



電話でのお問い合わせはTEL.088-692-0902

〒771-1262 徳島県板野郡藍住町笠木字中野171番地1

各種コンサート

いまや社会も地域も大きく変貌しつつあり、とりわけ少子高齢化と地方経済の衰退は地域社会そのものに深刻な問題点を投げかけていますが、四国四県とてその例外ではありません。当法人では、徳島、愛媛、香川の3県を中心に地域が抱えている課題や市民から寄せられたニーズに応えていくために、以下のようなコンサートを開催して、音楽文化の普及啓蒙を図ると同時に人と人との絆やつながりを深めて地元コミュニティの再生と地域の活性化をめざす取組みをしています。 



音旅コンサート            

 

 
  • 参加無料
  • 入場年齢制限(小学1年生未満入場不可)
  • 託児あり(前日まで要予約)1歳〜未就学児
  • 駐車場完備

※問い合わせ: 植田 090-1576-0150


エグチ・ワールド・カンパニー



  とくしま 音旅 ライブ  


      
「Looking Back―わが青春の賦 PartU」


 2019・6・22(土)

  14:00〜17:00(開場13:00)


   
鳴門市文化会館


    出演  ・総合プロデュース・ギター奏者 江口 正祥  

        ・ヴォーカル 青山浩之

        ・トランペット奏者 林 郁夫

        ・ドラム 鳴瀬 勲、ベース 小田原 れいじ、D‐DECK 逢坂 弘子

        ・津軽三味線奏者 竹繁 文章

        ・尺八 三好 勇斗、和太鼓 秋山 哲寛 

        ・ギター奏者 二宮 伸治、ヴォーカル 田中 伸祐

        ・ヴォーカル 佐藤英里  

        ・徳島市千松小学校合唱部【ハートフルコール】

エグチ・ワールド・カンパニーとくしま音旅ライブ
     Looking Back―わが青春の賦 PartU 〜開催の主旨〜

 昨年の音旅ライブでのご好評に応えて、次回ライブのコンセプトも前回のものをそのまま受け継ぎ、「Looking Back―わが青春の賦 PartU」との表題を掲げて、開催する予定にしています。前回のライブではトランペット ソロによる『ひまわり』では「映画のあのシーンが自然に浮かんできて涙が止まらなかった」、盲目の女子高校生歌手である佐藤ひらりさんが心を込めて歌い上げた『アメージンググレイス』では「ヴォーカルの透きとおるような歌声に、思わず胸が熱くなりました」、千松小学校の子どもたちが熱唱した『およげ!たいやきくん』では「子育てに追われて走り回っていた在りし日のことが想い出されて、懐かしい自分に出会えた!」といった声が数々よせられ、その反響の大きさが今なお語り種になっている程であります。
  そこで次回の音旅ライブも、昨年にならって古今東西の名曲を中心に披露することを前提に、前回ライブが終了した直後からプロデューサーの江口正祥氏共々、次回選曲の検討をすすめてきましたが、このように前回の路線を踏襲して、同じコンセプトで開催してみるからといって、それは単に昔の楽曲を懐メロ風に演奏して懐かしさや郷愁をそそることでシルバー世代への受け狙いを意図しているのではありません。あくまで洋の東西を問わず、世界中で名曲とうたわれた楽曲を人類の文化的な遺産として、次の世代へ受け継いでもらいたいとの切なる想いを込めて、曲目そのものの選定に努めているつもりであります。それも有名な楽曲ばかりでなく、これまで次から次へと生み出されてきた曲目の中には、各時代を象徴するような代表曲、例えばテレビドラマやアニメの中で流されてきたテーマミュージックにも隠れた名曲が少なくありません。こうした楽曲は、ドラマや番組が終了したら、その時点で一巻の終わりにしてしまうようでは、あまりにもったいないことではないか、そのような隠れた名曲こそ現代に蘇らせて、改めて今日風にアレンジしてみたら、どんな表現ができるのか。しかもそれを若い世代に伝え残して、新しい音楽的な刺激を提供することができたならば、四国における新しい音楽文化を創造していくことも可能なのではないか―との願いを込めて、将来構想に繋がる夢を膨らませています。昨年の音旅ライブでは、その実験的な試みとして開演と同時に「太陽にほえろ!」という往年の刑事ドラマのテーマミュージックを、オープニング曲として演奏してみましたが、それもそうしたメッセージを込めてのパフォーマンスといえましょう。それだけに今年の音旅ライブでは、そうした試みを更にバージョンアップさせて、来場した観衆の皆さんにお楽しみいただけますよう、様々な演出を凝らした企画案を準備中であります。
 最後になりましたが、このような音旅ライブが毎年倍々ゲームさながらの形で開催できますのは、一重に事業所各位の物心両面にわたる当法人へのご支持ご支援があってのことであり、そのご愛顧の数々をかみしめますと、感謝の念を一入熱くいたします。それだけに今回の音旅ライブにも従来以上にお引き立てて下さり、音旅ライブのファンが一人でも二人でも拡大して、徳島の地から新しい音楽文化の旋風を巻き起こすためにも、ご協賛賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

エグチ・ワールド・カンパニーとくしま音旅ライブ2018はこちらでご覧ください。

エグチ・ワールド・カンパニーとくしま音旅ライブ2017はこちらでご覧ください。


ジャズコンサート

 
その昔、神社や寺院は文化や教育の中心基地として、さらにまた地域を精神的に統合していくシンボルとして、地域に住む人々にとってはかけがえのない存在でした。
しかし人々の心が、お寺やお宮から離散していくに従って、人と人とをつなぎ続けていた地元のコミュニティも解体されて、住民同志の絆や連帯感も跡形も無く消え去ってしまっているところが少なくありません。あえて、お寺やお宮でジャズコンサートを開催しているのは奇抜な演出で奇をてらった受け狙いをしているのではありません。私たちはNPO法人として寺院や神社の運営を陰で支えている総代会組織と連携をはかりながらコンサート実施に向けた取組みの中から地元の現状にそった形で地域再生につながる活動のあり方を模索し続けています。また、出演して下さるジャズ楽団側との相互理解に基づいて地域の小学校から高校までの吹奏楽部や金管バンド共演することで、子どもや若者達が大人の胸を借りながら次のステップへと歩みだすきっかけ作りを提供しています。こうした取組みによって、子どもや若者達が神社や寺院に親しみを感じ、地域の人々も数多く集って、地元の文化力や教育力を高めていく大切な役割があることに注目するようになれば、そこからささやかながらも地域コミュニティが芽生えてくることを期待しています。


平成29年11月3日(金・祝) 13時〜15時開催
清水神社(香川県高松市由良町)にて  

オータムフェスティバルin“由良”ジャズコンサート





就活コンサート

 
当音楽会では、若者と企業とをつなぐ場作りをテーマに実施します。すなわち、あまり知名度は高くないものの素晴らしい将来ビジョンを持って業績を上げている中小企業と、自分なりの志を持って仕事をしたいと願っている若者を、コンサートという切り口で出会いの場を設けています。そしてそのねらいとするところは、まず第一に企業や経営者の仕事や事業にかける心意気や情熱、さらには人となりやこれまでの実績について紹介して、参加した若者が一人でも多く夢や志を共有してもらうにあります。そして第二は、開催地周辺の秘められたお宝スポットに光をあてて、地元に息づいている地域文化の魅力や素晴らしさを紹介することで、参加した人たち、とりわけ若い世代に地元で暮らすことの意義の深さや価値の高さについて啓蒙し、地域愛や郷土心を育てていくこと。さらにもう一点、コンサートというイベントを通して、地元音楽家に出演のチャンスを提供する場にしたいと考えています。それは同時に、コンサートに多くの人々が参加してもらうことで、音楽を楽しむ人やミュージシャンの活動を支援する人の輪が広がっていくことで、四国四県における音楽文化の裾野の拡大をめざしています。